脳出血後の後遺症 往診 症例

症例ブログ

脳出血後の後遺症 往診 症例症例ブログ

こんにちは!

交通事故治療やアドバイスで多くの患者様から

ご好評いただいているとくやま鍼灸接骨院の平井奈美です。

交通事故治療で病院や接骨院探しでお困りの方は

お気軽にご相談ください!

さて、今回は往診治療での症例をご紹介いたします!

<脳出血後の後遺症・80代女性Oさん>

1年前に脳出血を起こし、その後、リハビリを行ってきましたが、左の半身麻痺になってしまいました。認知症もすすみ、コミュニケーションをとることも難しくなってきていたようです。

今回、息子さんより母親のリハビリをやってくれませんか?

と問い合わせをいただきました。

介護保険では、介助のトイレやお風呂等を使っており、十分なリハビリを取り入れることができなくなっていました。当院では、医療保険を用いて治療を行っていきます。そのため、介護保険の制限枠をきにすることもなく、また保険を使って患者様の金銭的負担を減らしていきます。(入居施設によって医療保険が使えないケースがありますので、お気軽にご相談ください)

治療の体験を受けていただきました。その際、息子さんも同席され、お母様の状態などを一緒に確認していきました。

手関節足関節の背屈制限が顕著で、左股関節の中度拘縮、左下肢の筋萎縮という状態でした。

はじめは、マッサージにて筋緊張緩和に努め、関節可動域訓練・抵抗運動を行いました。

また、自力での体位変換が困難なため、背部や臀部の褥瘡予防にもマッサージにて血流促進することは効果があります。

PTさんとの連携も大切に行い、治療を開始する前には打ち合わせも行い、実際のリハビリも見学にいきました。

はじめは、誰だ?と少し興奮状態になりかける時も時々ありましたが、現在では、顔を見て、肩がこってね〜と自らおっしゃってくれるようになりました。

治療をする上で、患者様からの信頼感などコミュニケーションを大切に行っています。

患者様に関わる関係者との連携もしっかりととりながら治療をすすめていきます。

往診治療で不安や疑問があれば、お気軽に相談していただければと思います。

※治療には個人差があります。

カテゴリー

とくやま鍼灸接骨院 Amebaブログページ

ご予約が出来ます

スムーズに治療を受けて頂ける様 診療予約を承っております。 ぜひご活用ください。

TEL .072-724-7101

診察のご予約