50代女性 慢性的な腰痛(すべり症)症例

症例ブログ

50代女性 慢性的な腰痛(すべり症)症例症例ブログ

 

50代前半女性 箕面在住 U.Kさん

 

最近は痛みなく生活していたが、もともと慢性的な腰痛があり、約1ヶ月半前から再び腰痛が出現してきたので当院を受診してくださいました。

 

動作を変える時や、前屈みになるのがつらく、後ろに反る動作で左腰椎の4、5番の椎間関節に痛みが出現していました。

今回のU.Kさんは問診、徒手検査、触診からすべり症であると判断しました。

 

治療は、重力除去療法(プロテック参照)を2回続けての治療で大分良くなったといって頂いたので、3回目からはベッドでのストレッチ、とくやま式マッサージをしていきました。あとはストレッチの方法や就寝時の寝方を指導しました。

 

1週目、2週目と様子をみながら治療の間隔をあけていきました。ほぼ痛みが治まったので3週目からは週1回の頻度で3回治療を続け完治とさせてもらいました。

再発防止のポイントは痛みが治まったとしても、すぐに治療を止めないことです。

そこには判断の基準があります(重要!)

 

今回の患者さんは1ヶ月間しっかり提案通りに来院して治療したことや、?自宅でのストレッチ?腰痛の原因となる筋肉を緩める寝方をして頂いたので腰痛がなくなっていったのだと考えます。?骨盤ベルトも2週間程使ってもらいました。ギックリ腰はもちろん、慢性的な腰痛をお持ちの方でもしっかり治療をすると腰痛の出ない身体をつくることができます。もちろん、院内の治療も大切になりますが、慢性的な腰痛をなくしていくには、ご家庭でのケアも大切になってきます。

 

*効果は個人差があります。

カテゴリー

とくやま鍼灸接骨院 Amebaブログページ

ご予約が出来ます

スムーズに治療を受けて頂ける様 診療予約を承っております。 ぜひご活用ください。

TEL .072-724-7101

診察のご予約