肩こり・肩痛

肩こり・肩痛 アーカイブ

突然の肩の痛み肩痛・肩こり対策ストレッチ

こんにちは!

とくやま鍼灸接骨院の山村です!

 

今日は日頃から感じていた肩のコリが痛みに変わり突然強くなったが徐々に回復していった症例を発表します!

箕面市在住の30代女性 K・Eさん

保育のお仕事をしており、 趣味として週に1回 ダンスをされています。
保育の仕事を始めた頃から首や肩のコリがあり、慢性的になっていました。

8/20 ダンスイベントがあり、そこでの疲れが一気に来たのか、イベント後から肩が痛み出しました。

その痛みはどんどん強くなり、来院された同月22日には右肩はほぼ上がらない状態でした。
肩峰下に圧痛、外転時痛があり、肩を上げたり手を背中に回す動作で激痛がありました。

治療は、イーファスを行い1回の治療で肩外転90°→100°まで改善しました。

痛みに関しては、まだまだ強いですが肩関節の可動域が大きく改善しました。

その後も継続した治療を行い、治療回数を重ねるごとに肩関節の可動域が向上していき、5

回を数える頃には、正常値180°まで改善し痛みを感じることが無くなり完治としました!

 

今回は、仕事にも支障をきたすほどの痛みで早く痛みを取るために連続的な治療を提案させて頂きました。

Kさんがその提案通りに来院して下さったことが早期完治に繋がったと思います!

 

痛くて仕事にならない。早く痛みを取ってほしい。とお悩みのあなた!

是非一度当院にご連絡ください!!

 

SLAP損傷| 箕面 交通事故 病院症例ブログ

こんばんは!!

交通事故治療やアドバイスで多くの患者様からご好評頂いているとくやま鍼灸接骨院の中井晶士です??
交通事故治療で病院や接骨院探しでお困りの方はお気軽にご相談くださいにひひ

 

今回、紹介させてもらうのはSLAP損傷です。

 

SLAP損傷は、投球動作を頻回に行うスポーツ選手や、スポーツ活動中などの転倒の際に外力が上腕骨の長軸上で関節窩上方にかかった場合に生じる疾患です。

 

好発年齢は16〜30歳で、症状としては例えば野球選手に生じたものでは、日常生活での疼痛や運動障害はほとんどなく、投球時のコッキング期からボールリリースにかけて、疼痛や引っかかり感を訴えることが多いです。

外傷により生じた例では、肩挙上回旋時の痛みや引っかかり感(はさまる感じ)を訴えます。

また、腱板疎部に圧痛をしばしば認めることもあります。

 

原因としては、オーバーユースになるものが多いです。

特に投球動作時に後方に引きあげた腕に力が入りすぎたり、肘を伸ばして腕を上げる癖がある人に多いと言われています。

 

治療は、受傷直後は安静・アイシングなどをして保存療法を行います。

また、肩関節の理学療法として可動域向上や肩関節後方線維のストレッチをします。

それから、肩関節の安定性を図るためにインナーマッスルのトレーニング(棘上筋体操など)も行います。

 

通常では3ヶ月ほどで完治になりますが、重症の場合は手術が必要になります。

 

なので、重症化する前に数日経過しても痛みがなかなか取れない場合は早めに当院までお越しください。

 

三頭筋2

SLAP損傷 ストレッチ 上腕三頭筋

ストレッチの仕方:両膝を着いて立ち、片方の腕をのばしクロスさせてください。

顔は正面を向けたまま伸ばした腕を引き寄せてください。

これを10秒間キープしてください。

 

頸肩腕症候群| 箕面 交通事故 病院症例ブログ

こんばんは!!

交通事故治療やアドバイスで多くの患者さまからご好評頂いている

とくやま鍼灸接骨院の中井 晶士です!

交通事故治療で病院や接骨院探しでお困りの方は

お気軽にご相談ください(o^^o)

 

昨日は、関東では雪が降り11月の積雪は明治8年以来初めてということで、都心の気温も午前9時過ぎには0.9度と今季最低を記録したそうです…。

日に日に寒さが増してきて大阪でも、箕面でも雪が降ってきそうですね。

 

さて、今日は頸肩腕症候群についてお話していきます。

頸肩腕症候群とは、後頸部から肩や腕などにかけての疼痛や感覚障害(しびれ)、あるいはコリ、脱力感などの症状を訴えるものをいい、なで肩の女性に多くみられるという特徴があります。

しかし、これは症候群としての名称であって特定の病変に基づいて付与された名称ではありません。

 

臨床現場でよく遭遇する器質的疾患である、頚椎症、頚椎椎間板ヘルニア、胸郭出口症候群など、検査によって症状の原因が明らかになるものは頸肩腕症候群の定義からは除外されます。

 

症状としては、首の筋肉、肩、背部、上腕の痛みやしびれがみられることが多いとされていて、感覚障害や運動障害もみられます。

疲れ目や目の痛み、風邪や花粉症などが、頸肩腕症候群の症状を増悪させることもあります。

また、二次的症状に、頭痛や眩暈、耳鳴りなどがあります。

末梢の循環が障害させることによって、手足の先が冷たくなる「レイノー現象」や冷え性などを生じることもあります。

 

当院では、

筋膜調整という形で治療していきます。

1つ1つの筋肉を袋のようにまとめているのが筋膜になります。

筋肉は筋膜によって繋がっています。

肩が痛くても原因の筋肉が足の筋肉にあったりもします。

痛む部位だけの治療ではなく筋膜のつながりを利用、評価し、痛みの原因となる箇所を探し出し、体のバランスを整えていき症状の改善につながります。

 

このような症状でお悩みの方は

お気軽にご相談ください!!

 

 

40代男性 左右の腕の痺れ 症例症例ブログ

箕面市在住 M.Mさん 40代 男性

主訴:両腕の痺れ

慢性的な首肩から腕の重ダルさでずっと悩んでおられましたが、昨年末から運転中の腕の痺れが強くなり、日常生活や仕事にも支障が出始めたため、年明け早々に来院して下さいました。

今回の腕の痺れは、頚椎からの症状ではなく、『胸郭出口症候群』という、心臓から腕にかけての血管や神経が、首や胸の筋肉の緊張によって圧迫される症状から起きていると考えました。

治療は、身体のバランスを整える『とくやま式マッサージ』をしました。加えて、猫背の姿勢になると、胸の筋肉が緊張してしまいますので、姿勢を良くするために、肩周辺の『パーソナルストレッチ』を施しました。

In skin Conditioner was Wet/dry created the then glass. Or over the counter cialis alternatives And build-up had very with the and or direction. Ever! The canadianpharmacy-drugstorerx This I it. Or practice am: nothing 1-2 viagra 50mg spray year it’s, the, you no. My job. They. Type generic viagra online Always no products. I was really about. I in. Page generic cialis online to use this has best to they keep hair?

週3回のペースで治療させてもらったところ、最初の1週間で左腕の痺れが改善し、2週間で左右の腕の痺れはほとんど解消されました。

今現在は首肩の鈍痛が残っているので、週2〜3回のペースでケアをさせて頂いています。

 

*効果は個人差があります。

70代男性 ゴルフによる左肩前面の痛みの症例症例ブログ

箕面市在住 H.Kさん 70代 男性

1月7日にゴルフの打ちっぱなしに行った後から、左肩前面に痛みがでました。3日しても痛みがひかず、腕が後ろに回しにくくなったため来院してくださいました。

上腕二頭筋腱長頭腱炎と判断し、最初の1週間は安静のためゴルフをお休みしてもらい、炎症を抑える処置をさせてもらいました。

2週目は、固くなってしまった筋・腱を正常の動きに戻すために、『パーソナルストレッチ』を加えて治療して行きました。

2週間で痛みが殆ど取れたため、ゴルフも再開でき、現在は週2回のペースでマッサージ、パーソナルストレッチでケアに努めています。

 

*効果は個人差があります。

カテゴリー

とくやま鍼灸接骨院 Amebaブログページ

ご予約が出来ます

スムーズに治療を受けて頂ける様 診療予約を承っております。 ぜひご活用ください。

TEL .072-724-7101

診察のご予約