今週のストレッチ

今週のストレッチ カテゴリー アーカイブ

上腕三頭筋のストレッチ肩痛・肩こり対策ストレッチ

こんにちは!

とくやま鍼灸接骨院の中井晶士です( ^ω^ )

 

昨日は、大阪北部で地震がありみなさん大変な目にあったと思います。

今後も余震が続くと思われるので、身の安全に十分に気をつけてお過ごしください!

 

さて、今回は上腕三頭筋のストレッチを紹介させていただきたいと思います!!

上腕三頭筋は、長頭が肩甲骨まで付着しているため肩こりに大きく関係している

と言われています。

上腕三頭筋が固まってしまうと、肩関節の可動域が狭くなってしまい、結果的に

肩こりを招いてしまうのでストレッチをして解決の糸口を見つけていきましょう!

 

 

 

【ストレッチの仕方】

①直立して立つか、両膝を着いて立ち骨盤幅に開き体を安定させます。

②片方の腕を伸ばしてクロスさせます。

③左右10秒ずつ行うようにしてみてください!(交互ではなく片方ずつです笑)

 

注意点は、顔は正面を向いたまま伸ばした腕を引き寄せるようにします。

あとは、リスク管理として無理に伸ばしすぎないようにしましょう!!

 

腰臀部のストレッチ今週のストレッチ

こんにちは!

とくやま鍼灸接骨院の山村です!

梅雨ですね〜

雨風対策しておきましょうね〜

今日は腰臀部のストレッチ。

雨で外に出れない。そんな日には家でストレッチはいかがですか?

股関節伸展のストレッチ(腰痛・ぎっくり腰予防)腰痛対策ストレッチ

こんばんは!!

とくやま鍼灸接骨院の中井晶士です( ^ω^ )

 

最近、腰痛で来られる患者さんがやはりたくさんおられます。

そんな方達の為、腰痛に悩みたくない人の為に腰痛、ぎっくり腰予防のストレッチを

一つ紹介させていただきたいと思います!

 

今回、紹介させていただくのは股関節の伸展のストレッチです。

股関節は、実は腰にとって重要なところです!!

しっかり、みていきましょう!

 

 

まず、股関節の伸展が悪くなる主な原因に、腸腰筋と大腿直筋の緊張と、臀部の筋弱化

があります。デスクワークや車、バイクの運転などで長時間座っていたり、不安定な

姿勢で作業したりすると、腸腰筋が緊張します。

また、骨盤が後傾すると、同様の事が起こります。

可動域が狭まると、腰椎後屈障害や、脊柱管狭窄症、腰椎すべり症を誘発する

リスクがあるので改善を目指しましょう。

 

 

今回のストレッチには、エクササイズ用のボールを使ったストレッチです。

 

ストレッチの仕方としては、まず

①椅子を置き、足を前後に開き、後ろ足の膝を椅子の上に乗せます。

②次に、後ろ足を手で持ち膝を曲げて間にボールを挟みます。

③ボールを前に押し込むようにしていきます。

 

ポイントと注意点

・おへそをへこますイメージでストレッチします。

・動作に勢いを付けずに、ゆっくりとストレッチします。

・腰に痛みや違和感がある場合はストレッチを中止してください。

 

無理にない程度でお家で空いてる時間にやってみてください!!

 

股関節のストレッチ腰痛対策ストレッチ

こんばんは!

とくやま鍼灸接骨院の中井 晶士です( ^ω^ )

 

今回、紹介させてもらうのは股関節のストレッチ(腸腰筋)です。

腸腰筋は、腰を安定させることにおいて非常に重要な筋肉です。

 

実際に、腸腰筋は股関節の屈筋群の中で最も力の強い筋肉のうちの1つと言われています。

そういった筋肉が硬くなると、骨盤に影響を与えたりするのでストレッチは行なっていくべきだと考えられます。

腰痛の予防にも繋がるのでしっかりやっていきましょう!

 

 

【ストレッチの仕方】

①両脚を大股一歩前後に開き、後ろ脚を床につける。

②上体を床と垂直に保ち、後ろ脚を伸ばして股関節を前後に開いて伸ばす。

③左右とも10秒ずつ行います。

 

お家でもやってみてください!!

首のストレッチ!!肩痛・肩こり対策ストレッチ

こんにちは!

とくやま鍼灸接骨院の山村です!

昨日はすごい雨でしたね。。

気温の変化も大きいので、風邪には要注意です!

お待ちかね、今週のストレッチをお送りします!!

今回は首のストレッチ!

すぐにできる簡単なストレッチなので今日から試してみてください!!

上腕三頭筋のストレッチ今週のストレッチ

こんにちは!!

とくやま鍼灸接骨院の中井 晶士です( ^ω^ )

 

 

今回紹介させていただくのは、上腕三頭筋のストレッチです。

 

投球動作やボクシングのパンチ動作では、肘関節を伸展させることが多く、上腕三頭筋を酷使しがちです。

また、関節リウマチや肘の骨折、脱臼後などには、屈曲の可動域が制限されることがあります。

 

以前に野球やテニスなどのスポーツで肘を痛めている、関節リウマチ、肘の骨折、 脱臼後には、本人でも気付かなうちに可動域が狭まっている場合があります。

投球動作など、肘関節を勢い良く伸展させる動きで負荷がかかりすぎると、二の腕にある上腕三頭筋が緊張したり、関節機能障害が起き、可動域を制限してしまう場合があります。

もしくは、力こぶの上腕二頭筋の力が弱化して、肘が屈曲できない場合があります。

 

 

可動域のチェックで、上腕三頭筋側につっぱり感がある方はこの筋肉が緊張している可能性があります。

こういった症状は、上腕三頭筋のストレッチで和らげます。

 

上腕三頭筋のストレッチは、一般的に広く知られています。

ここでは、効果をワンランクアップするポイントを紹介します( ´ ▽ ` )ノ

 

 

【ストレッチの仕方】

①座位でも立位でも良いので伸ばしたい方の腕を上げます。

②腕を上げた状態から肘を曲げる要領で後ろにたたみます。

③肘を引くよりも、前腕部を折りたたむように力を加えます。

④左右15秒ずつ伸ばします。

 

簡単にできることなのでしっかりやってみてください。

今週の経穴(ツボ) 肩井今週のストレッチ

こんにちは!

とくやま鍼灸接骨院の中井 晶士です( ^ω^ )

 

 

今日はまだ肌寒い1日ですが、今週末には全国的に夏日になるようなので、

気候の影響で体がだるく、肩が凝るといった状況には

このツボ【肩井】を刺激しましょう!!

 

 

肩コリ解消のツボとして知られる肩井は、両肩の首から肩先までの中央にあります。

肩コリやそれに関連する目の疲れ、頭痛、耳鳴り、神経の疲れなど、さまざまな症状に効果があるツボです。

軽く揉んだり、マッサージするだけでも、症状を和らげることができます。

 

 

主な効能としては、

目の疲れ、肩コリ、頭痛、耳鳴り、

高血圧、めまい、ノイローゼなど。

 

 

「ツボストレッチ」

親指を片側のツボにあて、ツボを指圧しながら反対側に首を曲げてストレッチをする。

反対側も同様に5回ずつ行うようにする。

 

 

1 / 1612345...10...最後 »
カテゴリー

とくやま鍼灸接骨院 Amebaブログページ

ご予約が出来ます

スムーズに治療を受けて頂ける様 診療予約を承っております。 ぜひご活用ください。

TEL .072-724-7101

診察のご予約