膝痛対策ストレッチ

膝痛対策ストレッチ アーカイブ

膝関節伸展のトレーニング膝痛対策ストレッチ

こんにちは♪( ´▽`)

とくやま鍼灸接骨院の中井晶士です。

 

今回、紹介させてもらうのは膝関節のトレーニングです。

イスに座り、つま先を上に向けて片方の膝をまっすぐに伸ばし膝関節の伸展を確認します。

膝を伸ばして脚がほぼまっすぐになれば理想的◎な状態です。

上半身を反ったり、丸めたりすると正しくチェックできないので気をつけてください

この動作をすると、太ももの前面の筋肉に負担がかかります。

変形性膝関節症の人は膝が伸びきらない場合が多く、逆に水泳などをやっている方は,
膝が反ってしまう反張膝になりやすい傾向があります。

 

トレーニングをして膝関節の伸展の動きが充分に働くと、階段の昇降や歩行動作がスムーズになってきます。

 

そして、効率的な動きに欠かせない、太もも周りの筋肉のコンディションを取り戻していくことになるのでやってみてください。

 

 

トレーニングの仕方

①イスに背筋を伸ばして深めに座ります。

②つま先を上に向けて膝をゆっくり伸ばしていきます。

③膝をゆっくり最初の状態に戻していき、もう1度(②)と繰り返し行っていきます。

④左右10回ずつ行っていきます。

 

注意点は、動作がシンプルな分、姿勢などは気を抜かずに保ってください。

また、上半身や膝が少しでも曲がっていると、効果が薄れるのでこれも注意して下さい。

 

 

膝 トレーニング

膝 トレーニング

膝痛対策ストレッチ? 太ももの筋トレをしてみよう!膝痛対策ストレッチ

膝の痛みを予防する方法の1つに、太ももの筋トレがあります。

太ももの筋肉を付ける事で、膝への負担を減らしたり、曲げ伸ばしをしやすくする効果があります。

今回は、膝の曲げ伸ばしを伴わない、負担の少ない筋トレを紹介します

 

方法? 両足を伸ばして座ります(寝転がってやっても構いません)

 

方法? 鍛える側と反対の方の膝を曲げます(これが腰痛予防になります)

 

 

方法? 膝の下にクッションを挟みます

 

方法? 挟んだクッションを押しつぶすようにします(これによって太ももに力が入ります)。

方法? 5〜10秒程度押して、力を抜く。これを5〜10回します。

方法? 反対の膝もやります。(この際も、逆の膝を立てるのを忘れずに!)

 

※方法?の時に、親指がしっかり上を向くようにすることと、太ももの内側に意識して力を入れるようにします

これをやったからといって、すぐに筋肉が付いたり、膝の痛みが取れる訳ではありませんが、毎日の積み重ねが大事ですので、コツコツやって見てださい!

詳しくは、治療スタッフまで!

 

カテゴリー

とくやま鍼灸接骨院 Amebaブログページ

ご予約が出来ます

スムーズに治療を受けて頂ける様 診療予約を承っております。 ぜひご活用ください。

TEL .072-724-7101

診察のご予約