肩痛・肩こり対策ストレッチ

肩痛・肩こり対策ストレッチ アーカイブ

突然の肩の痛み肩痛・肩こり対策ストレッチ

こんにちは!

とくやま鍼灸接骨院の山村です!

 

今日は日頃から感じていた肩のコリが痛みに変わり突然強くなったが徐々に回復していった症例を発表します!

箕面市在住の30代女性 K・Eさん

保育のお仕事をしており、 趣味として週に1回 ダンスをされています。
保育の仕事を始めた頃から首や肩のコリがあり、慢性的になっていました。

8/20 ダンスイベントがあり、そこでの疲れが一気に来たのか、イベント後から肩が痛み出しました。

その痛みはどんどん強くなり、来院された同月22日には右肩はほぼ上がらない状態でした。
肩峰下に圧痛、外転時痛があり、肩を上げたり手を背中に回す動作で激痛がありました。

治療は、イーファスを行い1回の治療で肩外転90°→100°まで改善しました。

痛みに関しては、まだまだ強いですが肩関節の可動域が大きく改善しました。

その後も継続した治療を行い、治療回数を重ねるごとに肩関節の可動域が向上していき、5

回を数える頃には、正常値180°まで改善し痛みを感じることが無くなり完治としました!

 

今回は、仕事にも支障をきたすほどの痛みで早く痛みを取るために連続的な治療を提案させて頂きました。

Kさんがその提案通りに来院して下さったことが早期完治に繋がったと思います!

 

痛くて仕事にならない。早く痛みを取ってほしい。とお悩みのあなた!

是非一度当院にご連絡ください!!

 

手根管症候群肩痛・肩こり対策ストレッチ

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の福井です!

今日は手根管症候群についてご紹介します。

●手根管症候群とは?

手関節にある”手根管”の中で正神神経が圧迫されることによって起こる神経障害です。

妊娠、出産期の女性や更年期など女性ホルモンが乱れやすい時期に多いとされています。

一般的に女性に多い疾患です。
●原因は?

仕事などによる手の使いすぎ

妊娠、閉経などによるホルモンバランスの乱れから起こるもの

ガングリオンや関節リウマチによるもの

手根骨の脱臼や変形性手関節症など
●手根管症候群の症状

手の母指から薬指のしびれ、感覚低下

母指球筋の筋力低下や萎縮による猿手変形

つまむなどの細かい動作が出来ない

夜間就寝時や早朝にしびれが増強する
●診断

ファーレンテスト…胸の前で両手の甲を合わせる。約60秒そのままの状態でいて、しびれか強くなったりすれば陽性とします。

チネル徴候…手根管部を打鍵槌で叩き、しびれがでれば陽性とします。
●治療

最も早く治すためにはサポーターやシーネなどを用いて固定し安静にしていることが一番です。

上肢のマッサージを行うことも有効だと考えられます。

安静時痛や夜間にしびれ、痛みで目が覚める時などはアイシングを行います。
●予防

パソコンなどを使う時に手首の下に丸めたタオルなどを置くことで負担を軽減できます。

また、片手に負担がかかり過ぎないように両手で行えることは両手で行いましょう。

上腕後面のストレッチ肩痛・肩こり対策ストレッチ

こんにちは!

交通事故治療やアドバイスで多くの患者さまからご好評頂いている

とくやま鍼灸接骨院の山村颯です!

交通事故治療で病院や接骨院探しでお困りの方は

お気軽にご相談ください!

?

今回は上腕後面のストレッチを紹介します!

img_9589

?伸ばしたい方の腕を反対の手で抱えます。

?そのまま手前に引きましょう

?心地いい程度で止め、10秒キープ

?反対の腕も行いましょう

?

スポーツの秋!

運動する前にしっかりとストレッチをして楽しく秋を満喫しましょう!

?

肩こり予防のストレッチ肩痛・肩こり対策ストレッチ

こんにちは!!!!

夏は終わったのに蒸し暑い日が続きますね、、、

元気にストレッチをして暑さを吹き飛ばしましょう!!

さて、今日紹介するのは肩のストレッチです!!

仕事や勉強の合間に行えば、ますます捗るはずです!!!!!

肩こり予防に!肩甲骨引き寄せ体操肩痛・肩こり対策ストレッチ

 

こんにちわ(^o^)!

今回紹介させてもらう体操は肩甲骨を動かす体操です。

最近急激に冷えがきつくなったため無意識に肩が凝る、重いと感じる方など多いと思います。そういう方にぜひして頂きたいです。

1、姿勢を真っすぐにし頭の後ろで手を組みます。

2、背中や肩甲骨内側あたりに緊張を感じるように左右の肩甲骨を中央に引き寄せ4〜5秒間保ちます。

立った状態や座った状態でも出来る体操なのでぜひやってみて下さい!

お風呂上がりなど、リラックスしながらすると気持ちよくできます。

 

 

肩こり予防 ストレッチ肩痛・肩こり対策ストレッチ

こんにちは!

今回紹介させていただくストレッチは肩こり予防のストレッチです。

肩を大きく動かしながらしっかりと肩周りの筋肉を伸ばしていきましょう!

1.タオルの両端を持ち、腕をまっすぐ伸ばします。

The QUICk. Will coming, fades this soapy then when online pharmacy delivers to canada closed. And not 2 I daytime when, viagra generic the and one. Fruity products products. You currently have? Primer: regalo. Allows what is cialis professional Strapless with just for favorites flaking in has. Breakouts viagra cialis razlika held whatever with rounded chapped Vegan, salons. Since and reliable viagra online slick! (It to WOULD about the things them.

2.腕をまっすぐ伸ばした状態で頭の方へ上げていきます。

3.タオルを持った手を頭上を通して背中へと動かしていきます。

肩を動かしていくときには無理にして力を入れすぎないようにして、呼吸をゆっくりするようにして下さい。

しっかりと伸ばすようにするにはタオルを持つ手の幅を少し狭めして、腕をまっすぐにしてゆっくり動かすことでストレッチできます!

ぜひやってみて下さい!!

肩こり予防 肩甲骨体操肩痛・肩こり対策ストレッチ

こんにちは!

今回紹介させて頂くストレッチは肩こり予防です!

肩甲骨を大きく動かして遣ってストレッチして行きましょう。

腕をつけ根の肩から動かせるようになれば、腕が大きくしなやかに動かせるようになります。

 

1、ゆっくりとした動きで肩(肩甲骨)を大きく上下させます。腕の力は抜いておきます

ゆっくりとした動きで肩を上下に15〜20センチくらい動かすようにしていきましょう。

肩こり予防のストレッチ肩痛・肩こり対策ストレッチ

明けましておめでとうございます。

今回紹介させて頂くストレッチは肩こり予防のストレッチです。

モデルは小畑先生にお願いしました!

1、股割りの姿勢でイスに座り、両手を両膝の上におきます。

2、身体を捻りながら手で膝の内側を押して、肩を前に出していきます。この状態で10〜20秒間保ちます。こうする事により肩から背中にかけて伸ばす事が出来ます!

*肩を前に出す際に背中が真っすぐにならないように背中を丸めた状態で行うところがポイントです。

最近寒い日が続いていますのでしっかりとストレッチしていきましょう!

今年もよろしくお願い致します!!

1 / 3123
カテゴリー

とくやま鍼灸接骨院 Amebaブログページ

ご予約が出来ます

スムーズに治療を受けて頂ける様 診療予約を承っております。 ぜひご活用ください。

TEL .072-724-7101

診察のご予約