交通事故治療

当院の専門スタッフがあなたのお悩みにお答えいたします

img

交通事故から治療に向けて

交通事故に遭った場合、一番大事なことは、「早い段階で治療をする」ことです。
軽いケガだと思って放っておくと、後々痛みや痺れなどの症状が出てくることも少なくありません。
また、目に見えるひどい外傷がなくても、倦怠感やだるさ、頭痛や吐き気、不眠症状などで悩まされることが非常に多いのです。
当院ではそういった方々の早期回復に向けて、患者さんの痛みを少しでも早く取り除く為に、基本的には手技療法(マッサージ、はり、灸、整体)を中心に患者さんにあった治療を行います。

万が一、事故にあってしまったら!?

img

万が一交通事故に遭ってしまったら、最低限これだけは気をつけましょう!

・警察に届けましたか?
・相手方の氏名、住所、電話番号はもちろんの事、任意保険の有無、保険会社名などできる限り詳しい情報を収集しておきましょう。
・軽いけがだと思っても、油断せず信頼のおける病院でCT、MRIなどにより精密検査を受けましょう。

交通事故の発生件数

近年増加傾向にあり、2004年は95万2068件発生している((財)交通事故総合分析センター提供資料より)。
世界的にも、自動車保有台数に比例して 増加し続けている。21世紀に入ってからの先進国では、生まれたときにはすでに自動車が身近な存在になっていた世代が老齢に達するが、この高齢者の運転による事故も 増加している。
人身事故発生件数(人口10万人当たり)ワースト3は、サウジアラビアの1,305件、日本745件、アメリカ合衆国626件と、自動車交通の普及している国で占められている。

【参照元】
総務省統計研修所 編集『世界の統計2008』第14章 334ページおよび341ページ(表14-5)、2008年3月、 2008年5月25日閲覧。調査年次は国によって異なり2000年?2005年。44か国・地域のデータ。 原資料はIRF, World Road Statistics 2007。

交通事故の発生件数

img01

当院独自のマッサージ

体のバランスに重点を置いた検査を行い、
痛いところだけでなく全身の筋肉を調整することで痛みを治します。

img01

ストレッチ

マッサージでは触れない深部の筋肉を伸ばすことにより、
幹部の改善になり、また機能向上としての役割も果たします。

img01

微弱電流

超微弱な電流を流すことで、傷ついた細胞を元気にさせ、
幹部の疼痛改善に役立ちます。微弱な電流ですので、痛みは感じません。

img01

パワープラント療法

機械に乗って自動的に動かされることにより、
疲労や痛みを感じることなく、首の動きをよくするリハビリです。

とくやま鍼灸接骨院 Amebaブログページ

ご予約が出来ます

スムーズに治療を受けて頂ける様 診療予約を承っております。 ぜひご活用ください。

TEL .072-724-7101

診察のご予約